アンビエントに使えそうなシタールエフェクターの最高峰 エレハモRAVISH SITARをレビュー

民族楽器への熱が増えてきたタイミングで、このエフェクターを引っ張り出してきた。
エレハモのシタールっぽい音を出すエフェクターです。買ったのはもう11年前!(電源ついたことに感謝!)

こんなことを書いてみます。

  • LINE6のモデリングギターのシタール音との比較
  • シタールエフェクターってshimmerみたい!アンビエントに使える
目次

ちなみにRAVISH SITARをいついくらで買ったか

右に見えるのはES-335、最近買ったラグかわいい

当時めちゃくちゃ高かった気がしていた。4万円くらい?のイメージだったが、並行輸入品をAmazonで¥ 22,000で買っていたらしい、安い、いや高いか。
買ったのは2012年です。

どんな音

公式ではこんな音というビデオがある。
実際パラメーターが複雑で多くて、いろんなことができそう。

シタール風じゃなくて、アンビエントに使うエフェクトshimmerみたいな雰囲気が出せます。

▼エレハモのRAVISH SITARをライン直で

シタールのエフェクターなんだけど、使い方によってはアンビエントとかいろんなジャンルで使えそう。

LINE6との比較

▼LINE6のモデリングギター

▼エレハモのシタールエフェクター

前半と後半でパラメーターを変えている

どちらがいいかはわからないけれど、エレハモのほうがそれっぽい。
でもバンドの中ならLINE6くらいで十分なのかもしれません。

ちなみにエレハモの方はキーの設定がある。
残響音というか共鳴音を好きなキーに変えることができます。

最後に

面白いエフェクターです。
マルチエフェクターに入っているシタールエフェクターとはレベルが違いますね。
10年以上前の商品案鬼ね。

フリーBGMやAudiostockに投稿しているとこういう変な曲も試せそうなので、うれしい。
今後はどんどんアップしていきたい…気持ちはある。

▼この日POGもひっぱりだした、こちらもshimmerっぽい。バンドではうまく使えなかったけど、こりゃDTMには最高です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デザイナーのベーコンです。
このサイトでは音楽制作について書いていきます。
2021年はフリーBGMもここで公開しようと思っています。

・デザインブログ https://www.baconjapan.com/
・ガジェっトYouTube https://www.youtube.com/channel/UCMpr3kRfbDEGRAQfbdDGMAQ
・犬のYouTube(5万人) https://www.youtube.com/channel/UC85segjeAxBSfWDWbN_cRPA/videos

目次