Gibson : 1942 J-45 Legend レビュー

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製

ベーコン(@BaconFes)です。

ベーコン
札幌在住のグラフィックデザイナー。
著書 レイアウト・デザインの教科書(SBクリエイティブ)
犬のYouTubeは登録者10万人超え。2024年も音楽制作に力を入れています。

※大幅に書き直しました。

Gibson 1942 Banner J-45 Historic Collection(1942 J-45 Legendの原型)2006年製当時37万円で購入(美品中古でした)

2010年くらいにドルフィンギターで買いました。
当時持っていたGIbson j-45(1998)もMartin 000-18も、なんかしっくりこないと思っていた頃でした。

値段の割にはいいギター、FURCHのシンガーソングライターモデルを買ってみたりしながら、自分に合うものを探していたころ、思い立って現行で最高クラスのJ-45とD-28を買おうと思いほぼ同時に購入しました。もちろんローンです。

▼2010年、同日にMartin D-28も買っていて13年使ったレビュー、最高です。

あわせて読みたい
Martin D-28 Marquis 13年使ったレビュー  現行最強クラスのアコギ 安いギターを買ったり拾ったりしまくっていた10代。(当時はギター捨てるのが無料でゴミの日によくアコギが落ちてた)安いギターや、高くてもコスパのいい日本製をいく...
目次

Gibson : 1942 J-45 Legendを買った理由

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製
2023年撮影

FURCHのd-22やHEADWAYのHJ-603などを買ってみましたが、やはり満足できず「値段が最高のギター」を買えば満足するのでは?と思って思い切って買ったのを覚えています。

ローンをしてGibson : 1942 J-45 LegendとMartin D-28マーキスを同時に買いました。

ビンテージとも迷った

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製のヘッド
ロゴは昔のGibson

30万円以上のギターですから、ビンテージを選択するか迷いました
しかし、ビンテージを買うにあたって心配が2つありました

それは

・ビンテージを管理できるのか
・ハズレを引くかもしれない(見てわからないけど重要な壊れとか)

そういう理由もあり、新品で最高のギター
そして育てがいのある、新しいギターを買うことにしました。

追記・13年後ビンテージにハマってしまいました…13年は我慢できた。

Gibson : 1942 J-45 Legendとはどんなギターか

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製

そもそもJ-45というモデルは1942年に発売しました
1942 J-45 Legendその時の仕様を再現したギターです。
1942年のJ-45をレントゲン撮って作られたのが1942 J-45 Legendというギターだそうです。

思えば、ギブソンさん発売1年目のギターから高クオリティのものを作るってすごいよね。

あ、ちなみにJ-45とはGibsonのアコギでいちばん有名なモデルです。

ライバルであるマーティンのD(ドレッドノート)モデルに対抗すべく、ギブソンが1934年から製造を開始したラウンドショルダー型大型アコースティックギターであるJ(Jumbo)シリーズの一つである。J-45はギブソン製のアコースティックギターの中ではもっとも有名で広く使われたモデルであるとされる。

(Jシリーズが1934年から作られて、そのあとJ-45が発売されたんだね)

特徴1 ネックが激太

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製

これが苦手な人が多いと思います
クラシックギターか!ってほどの太さ。
ぼくはもともと弾き語りって感じで専門ギタリストじゃないからよかったけど。

よく「ネックの太さは音にものすごく関係する」といいますよね。

Gibson : 1942 J-45 Legendの音

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製

まずしっかり「ギターが鳴る」という感じられるギターです。
その前まで持っていたレギュラーラインのJ-45(1998年製)はあまり鳴るギターではありませんでした。
※今思えば、味わいがある音なんだけどね、鳴るという意味ではYAMAHAの10万円くらいのギターのほうが何倍も鳴る。

もちろん音質も味わい深いGibsonのアコースティックの音です。

モンタナギブソンのレジェンドルシアー”レン・ファーガソン”がこのギターより鳴る現行のGibsonのアコギはないみたいな話どこかで聞いた気がするんだけど、2024年現在ネットで検索しても見つけられず…。

少しネガティブに捉えるGibson 1942 J-45 Legendの音

Gibson 1942 J-45 LegendはGibsonアコギ!という感じもありつつ、鳴るギターの感覚もある本当に素晴らしいギターです。これ1本で一生楽しめるという感覚があります。

しかし、僕が所有するうるさいほど鳴るMartin D-28マーキスと比べると、どう比べてもD-28の方が鳴りは大きいです。

そして、アジャスタブルブリッジのJ-45やビンテージのGibsonと比べると、味わいというかGibsonらしさでは負けているように思います。

とは、言っても鳴りとGibsonらしさを高い水準で実現しているのが 1942 J-45 Legendだとは思うのですが、長年Gibsonを弾いて買ってを繰り返して今はそんなことを思います。でも一番レベルで大好きなギターです。

ちなみにもっとGibsonらしくいい感じの鳴りのギターを新品で考えると、黒澤楽器がオーダーしたアジャスタブルブリッジのJ-45、あれはいい音で個性もあってすごかったなあと思い出します。でもどっちがいいって話ではないけどね。

2017年にもGibson Acoustic / 1942 J-45 Legendが再発売

2017年にGibson Acoustic / 1942 J-45 Legendが再発売しているそうです
¥678,000 で新品で売っていますね。
世界30本らしいです。

まとめ

Gibson : 1942 J-45 Legend 2006年製と部屋

なぜこんなにGibsonに憧れるのかね
Gibsonにはなぜこんな魅力があるのだろう

一番なるギターでもないけれど、個性の出方がかっこいいギターそれがGibsonだと思っています。

1942 J-45 Legendを買ってよかった

J-45のある部屋はいいよな

このギターを買って10年近くなるけど、買ってよかったなあと思います。
Gibsonのギターを何本も買ってきたけど、これ以来しっかりと所有するつもりで買っていないのは(試しにB-25の12弦とか買ったけど)

うちには最強クラスのJ-45があると思っているからだと思います。
実際いつ弾いても、眺めても美しいと思えます。

いや、ほしいんですよ。
クロサワ楽器のアジャスタブルブリッジのJ-45 1959だっけ、とか試奏したら最高だったし
演奏者向けのサウンドホール(プレイヤーポート)がついてるG-45も、すごくいいギターだし
塗装が古くなったビンテージもほしいななんて思ったりする

でも「まあいっか、いつかそういうのも買おう」と思いとどまれるのは、J-45 Legendがうちにあるからだと思います。

あわせて読みたい
Martin D-28 Marquis 13年使ったレビュー  現行最強クラスのアコギ 安いギターを買ったり拾ったりしまくっていた10代。(当時はギター捨てるのが無料でゴミの日によくアコギが落ちてた)安いギターや、高くてもコスパのいい日本製をいく...

2022年は100万円分以上機材買って、ついにビンテージのGibsonアコギ買ってよかったからレビューするね、近日。

2023年、ビンテージにも目覚めてしまいました。ビンテージも最高、でもこのJ-45も最高。もっとビンテージらしい音になっていくのも楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デザイナーのベーコンです。
このサイトでは音楽制作について書いていきます。
2021年はフリーBGMもここで公開しようと思っています。

・デザインブログ https://www.baconjapan.com/
・ガジェっトYouTube https://www.youtube.com/channel/UCMpr3kRfbDEGRAQfbdDGMAQ
・犬のYouTube(5万人) https://www.youtube.com/channel/UC85segjeAxBSfWDWbN_cRPA/videos

目次