Gibson

Gibson j-45っぽいギターまとめ(音&ルックス)

Gibson j-45ってなぜこんな魅力あるんでしょうね。
使っているアーティストの多さから憧れたのか、いつから好きになったのかもうわからないベーコンです。

J-45を買えなかったころ「Gibson j-45っぽい音がするギターってないかな?」と考えていました
あと、フォルムがJ-45っぽいギターも探しまくっていました。

 

でも結論からいうと、Gibson j-45っぽい音がするアコギは無いんです。
もちろんGibsonのアコギにはありますよ。

でもその他のメーカーではないんです。

見た目が似ているギター、むしろ似せて作っているものはあります。
ぼくも1つ持っています。
合わせて紹介していきます。

Gibson j-45にルックスが似ているギター

HEADWAY HJシリーズ

HJシリーズは、J-45に似せたラウンドショルダーのアコギです。
色も揃っていてサンバースト、チェリーサンバースト、ブラック、J-50のようなナチュラルなどがあります。

金額も2万円くらいのものから、20万円のものまで種類がありますね。

こちらは2万円程度

こちらは15万円でオール単板

その他、たくさんのHJシリーズがでています。

ちなみにぼくもHEADWAYのHJシリーズを持っています。

ぼくが持っているのはHJ-603というオール単板、バックマホガニーのギターです。
見た目はJ-45ですが、音はギブソンではありません。
きれいないい音がします。
定価は18万円くらいですが2010年に中古で6万円で購入。今でも鳴りますね。

日本のメーカーヘッドウェイは、ギターとしてはおすすめできますがGibsonの音を求めている人にはおすすめできません。

ぼくは当時、鳴らないGibson J-45を持っていて、鳴るJ-45っぽいギターが欲しいなーと思って買いました。
もちろん音的にも、気持ち的にもJ-45の代わりにはならなかったけど、これはこれで気に入っています。

 

K.Yairi  JYシリーズ

ヤイリは日本のメーカーです。
HEADWAYと違ってすべて日本で、手作業で作られています(HEADWAYの廉価版は外国で作っています)

なので、一番安いモデルでも7万円くらいはしちゃうんですが、すべてのギターが手作業で作られていますので安心して買えるんですよね。
ちなみにSヤイリは別のメーカーです。

ヤイリのJYシリーズは15万くらいですかね。

 

音は、Gibson・・・ではなくYairiの音がします。
硬い音と言われることが多いですね。
ぼくも一度弾きましたが、このモデルに関してはあまりいい印象がありません。
個体にもよりますが、ボディ鳴りが多いイメージでした。

でもYairiは新品で買うと永久保証がつくんですよ。
有償修理もめっちゃ安いと聞きますのでそういう意味では良いメーカーです。

あ、でも音も似ていないし、ルックスも実物見ると結構違う。ピックガードが安い感じだよね。

ギブソン直系メーカーEPIPHONE

直径とは言うけど別物です。
音も違うけど、初心者が憧れて買う分には最高だと思います。
「Gibsonに少し近づいたぜ!」
なんて思いながら練習することは、悪いことじゃありません。

ぼくもJ-160Eのコピーモデルを何度も買いそうになりました。

K・Garage CD-J45

初心者向けセットなどに売っているギターです。
音のことは置いといて、見た目は意外と似ている印象でした。

 

VG KTR-45

寺田楽器製造のギター
山崎まさよしやサムシングエルスなどプロも使っていましたね。
音はもちろん、Gibsonではありません。

 

まとめ Gibson買いたい人はGibsonを買おう

Martinのような優等生ではないけど、個性的なギブソンアコギ。
まさにアーティストのための楽器と言えるでしょう。

残念ながら、似たような音のするギターはありません。

10万円くらい貯めれるなら、中古でもGibsonの本物を買いましょう。
初心者なら安いコピーモデルを買うのもいいと思います。

中級者が飾るのに安いモデルを買うのもいいですけどね!

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です