DTM

中田ヤスタカがSHUREのイヤホンでミックスを始めたらしい。型番は?

作詞・作曲からミックスまで一人で行っている中田ヤスタカ氏。

ミニマムな制作環境で、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅなどのアーティストの楽曲を世界へ発信しています。
まさに現代的なアーティストです。

そんな中田ヤスタカ氏が、「最近はミックスをイヤホンでも行っている」と衝撃発言!
サウンド&レコーディング・マガジン 2017年10月号で語っていました。

中田ヤスタカがミックスに使っているイヤホンはこちら。

SHURE SE846 カナル型 高遮音性イヤホン クリスタルクリアー

思ったより高いですね。
中田ヤスタカ氏いわく「中途半端なスピーカーを買うならこれを使ったほうがいいと思う」「ローの出方がスピーカーに近い」とのこと。

モバイル用に、GENELEC モニタースピーカー 8010A を持ち運ぶのは大変なので、SHURE SE846使っているそうです。

 

かなり刺激的で面白いインタビューでした。
これから作りたい音楽、使っている機材、ソフトシンセについてなどなど、毎度聞きたいことを喋ってくれますよね。

まとめ イヤホンでミックスをする時代が来ている

と言いきりましたが、もちろんスピーカーのミックスが主流なことは変わりません。
でも、今までNGとされていたヘッドホン・イヤホンのミックスをする人が増えてきたのは面白い現象と言えるでしょう。

機材も進化し、様々な場所で仕事をする、様々な種類な仕事をする、多様性の生き方ができる時代になってきたということだと思います。
ある意味、不安定な時代ともいえますけど、それを楽しむには、不安定の波に思いっきり乗ることなんですねえ。
そんなことを中田ヤスタカ氏のインタビューから感じました。

 

スマホで音楽を聴く時代に合わせた、プロもおすすめするミックス用ヘッドホンの記事も書きましたのでどうぞ!

yoroshiku.hatenablog.com

おすすめ記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です